スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2016年04月07日(Thu)

この3か月いろいろありました…1

カテゴリー:その他記事編集

2016年に年が変わって間もなく、本当にいろいろなことがありすぎて、
ブログがあいてしまいました。
少し落ち着いてきたので、これまでの記録を兼ねて記事をアップしていこうと思います。

2016年1月18日(月) この日は雪が降り、道路には雪が積もっていました。
その夜、実父が自宅で倒れ、脳梗塞の疑いで緊急入院しました。
私は仕事中の夫に連絡し、急いで病院に向かいました。
その日は、容体が安定したようだったので、母を連れて実家へ。
私達も一旦、帰宅し、翌日また病院へ向かうことにしました。

しかし、午前中に病院から母のもとに電話があり、容体が急変したとの知らせ。
母はタクシーで病院へ向かい、私達家族と、姉家族も病院へ急いで駆けつけました。
父は意識がなく、人工呼吸器を付け、危険な状況。
午後に緊急の開頭手術を受け、一命をとりとめました。
誤嚥性肺炎もあったため、翌日には気管切開手術も行いました。

緊急手術から9日間はICUでの治療、その後一般病棟へ移りました。
しっかりと意識が戻ってきたのは約2週間後。
最初は目を開けられるくらい。左手以外はあまり動かせないようでした。
意識がはっきりとしてからは、徐々に足を動かすこともできるようになり、
呼吸器を外すこともでき、回復がみられるようになりました。
やがて、リハビリも開始し、補助が必要ながらも起き上がることもできるようになりました。

2月29日(月) 回復期リハビリ病棟のある病院へ転院。
倒れた際、一番最初の症状である、嚥下困難により口からの栄養摂取が困難なため、
鼻からの経管栄養でしたが、嚥下リハビリをしやすくするためにも、
胃ろう手術を受け、鼻のチューブをなくすことになりました。

3月18日(金) 回復期リハビリ病棟へ。
父は、自宅へ帰りたいという思いから、リハビリをがんばっています。
今現在はまだ介助がないと起き上がることはできないようですが、
右手は麻痺が強くでているものの、左手、左右の足はずいぶん動かせるようになり
日常動作が一人でできるようにと、リハビリに励んでいます。

今現在はまだ、どこまで回復できるのかは分かりません。
父にはあせらず、無理をせずにリハビリをしてもらいたいと思います。

 
│posted at 14:38:07│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。